飛島ゆらゆら一人旅
ISBN:4895443140
出版社:無明舎出版
Author:古関 良行 
Media:単行本
価格:1,470


詳細情報
内容(「BOOK」データベースより)
空まで深呼吸。海風で頬ふくらませ、いざコンビニのない島へ!新聞記者が気の向くまま綴った島の歴史・自然・民俗見聞録。

内容(「MARC」データベースより)
コンビニがない。信号がない。理容店は一軒だけ。車もめったに走らない。山形県の飛島は人口300人あまりの小さな島。その歴史、自然、民俗を新聞記者が綴る。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
古関 良行
1966年秋田県雄勝郡羽後町生まれ。秋田大学教育学部卒業後、1990年4月に河北新報社入社。整理部、福島総局、学芸部を経て、1997年4月から2000年3月まで酒田支局に勤務。現在、学芸部記者(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

カスタマーレビュー
私もどっか行こうかなー新聞記者らしく、資料に裏づけされた事実と取材をもとに飛島の歴史や風土、人間を描いていて、飛島に興味がない人でも面白く読める本でした。
島民との会話を通じての何気ない会話や昔話から島の昔と今を語っていて、島で生きる人々の毎日の生活が読者に伝わってきます。

肩肘を張らずに島民と接しているのが本から伝わって、著者の飛島への深い愛着が伝わってきました。
この本を読んで私も思わずゆらゆら一人旅をしたくなってしまった。

amazonで購入


その他の一人旅の本
  ぶらりベトナム なりゆきまかせの一人旅 日本機関紙出版センター
  北海道よくばり一人旅 利尻・礼文・釧路湿原 文芸社
  全国一周ぶらり一人旅 九〇日間、二〇万円也 碧天舎
  ユーラシア大陸460日一人旅 槍ケ岳で逝った青年の手記 上毛新聞社
  パソコン旅行活用術 パソコンライター一人旅 光栄
  南ア・ボスニア・カンボジア ナニワの公務員ドキドキ一人旅 ウインかもがわ
  出会い そして始まり おひとり座一人旅 かもがわ出版



一人旅 温泉 部屋食