旅館明治

太宰治が執筆のため滞在した宿として知られている
[宿名]旅館明治
[種]旅館
[キャッチ]太宰治が執筆のため滞在した宿。信玄公ゆかりの湯村の名湯に浸る。
[温泉]甲府湯村温泉
[詳]太宰が昭和17年〜18年の間に2度滞在した宿。滞在中に執筆した小説は「正義と微笑」「右大臣実朝」、現在の「双葉の間」がその室にあたります。
[県]山梨県
[大]甲府・湯村・昇仙峡
[小]湯村
[住]400-0073 山梨県甲府市湯村3−10−14
[交](東京より)車/中央自動車道〜甲府昭和〜アルプス通りを昇仙峡方面へ約20分 車以外/中央本線甲府駅より山梨交通バス湯村入口下車、徒歩3分。
[交](名古屋より)車/中央自動車道〜甲府昭和〜アルプス通りを昇仙峡方面へ約20分 車以外/中央本線甲府駅より山梨交通バス湯村入口下車、徒歩3分。
[交](最寄り駅1)甲府

じゃらんで詳細を確認

[オススメのプラン]
 源泉掛け流し温泉と和食
 源泉掛け流し温泉と朝食を楽しむ和室プラン
 温泉を楽しむ素泊まり和室プラン

じゃらんで詳細を確認

[近隣の宿]
常磐ホテル
甲府富士屋ホテル
湯志摩の郷 楽水園
自家源泉かけ流しの天然温泉ビジネスホテル 湯村ホテルB&B
杖温泉 弘法湯

じゃらん おすすめ宿
楽天 おすすめ宿
一人旅 温泉 部屋食